「2017 新年度決意の一文字」入賞作品発表のお知らせ・ASTIGU/アスティーグ 2017年春夏キャンペーン・ブランドミューズ・萬波ユカが選考!

アツギ(海老名市本社)はプレーンストッキング「アスティーグ」の2017年春夏キャンペーンで募集した「2017新年度決意の一文字」の入賞作品を発表した。これは、同ブランドが漢字一文字で商品名を表していることから、このキャンペーン「アスティーグ博」の一環として新年度の決意や抱負を漢字一文字で表し、その理由とともに応募してもらうキャンペーンを実施したもの。3月21日から5月31日までの期間中9万7459作品が集まり、審査を経てアスティーグのミューズを務める萬波ユカが入賞作品11点を選んだ。受賞者には萬波クオカード1万円分が贈呈される。

「2017 新年度決意の一文字」入賞作品11点発表(順不同)
決意の漢字一文字、投稿者が漢字を選んだ理由、投稿者のペンネーム、萬波ユカのコメントの順で記載しています。
【咲】
「笑」の古字ということを最近知ったので、笑える日を多くもって、自分らしく咲きたいと思った
から (nmky様)
萬波ユカコメント:わたしもどうせ同じ時間を過ごすなら、できるだけ笑顔でいたいです。お互いに自己実現頑張りましょう!!
【貫】
目指すところに行くまで気持ちを貫く。ブレない。女も仕事も頑張れる様に心を強く持ちたい。
(アイビー様)
萬波ユカコメント:一本筋を通すってとっても難しいと思うのですが、きっと振り返った時に気持ちがいいはず。私も柔軟にかつ
強い意志を持ちたいです!
【恵】
出産を通じて職場や友達、家族から沢山の恩恵を受けた分、与える1年にしたい。(レイナ様)
萬波ユカコメント:人に何かを与えられるって素晴らしいことですね。余裕をもてるよう自分にも他人にも優しく出来るようにした
いです。

【笑】病気の義母と同じものを見て一緒に笑って時間を過ごしたい…それが一番の薬らしい
(三日月様)
萬波ユカコメント:本当に一番の薬は親しい人からの愛だと思います。御二方、御家族ともに笑顔の時間が増えますように!
【越】
昇進かつ国際プロジェクト担当になり初めてのことだらけ。国境を越え、自分を越えて成長でき
る年にしたい! (エンジェルスコーン様)
萬波ユカコメント:越えて、こえてと体力も気力も必要ですが、お休みもしっかりとってくださいね!
【家】
2月に出産し、春から自宅に帰って家族3人の生活が始まります!3人で力を合わせて頑張ります♪
(ゆきんこ様)
萬波ユカコメント:素敵なご家庭を築いてください~!
【慣】
4月から異動で、新しい職場にいきます。まずは慣れる。適応する。を目標に頑張ります
(かおりん様)
萬波ユカコメント:慣れない環境は沢山のストレスがかかりますが、楽しんで過ごせますように!
【気】
元気、やる気、呑気、何事も気持ちひとつで、変わるし、変わることができるから。
(すもーる様)
萬波ユカコメント:気の持ちよう、最近イラッとしても気を落ち着けるために大切にしてる言葉です。
【決】
いつも優柔不断な私は決断ができる人になれるよう努力します。人生の決断、悔いのないように。
(あかこっこ様)
萬波ユカコメント:悔いのないよう、信条にしています。実は私も優柔不断です。
【結】
去年は色々な人と縁があった。今年はそれをぎゅっと結びたい。また、仕事でも”結”果を出したい
(ぶっきー様)
萬波ユカコメント:つなげる思いが実を結びますように。
【整】
仕事のストレス解消のために「生活を整える」「身体を整える」「心を整える」ということを意識
しています。 (いさむん様)
萬波ユカコメント:身体が資本!精神共に健やかにファイトです!!

商品パッケージ画像

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
アスティーグは、漢字一文字を商品名としてあしらったパッケージが象徴的なプレーンストッキングのブランドです。今回アスティーグでは、3月21日から2017年春夏キャンペーン「アスティーグ博」の一環として、新年度の決意や抱負を漢字一文字で表し、その理由とともにご応募いただく「2017 新年度決意の一文字」を実施しました。作品は3月21日から5月31日まで、アスティーグブランドサイト上で応募受付しました。応募総数97,459作品の中から、アツギの審査を経て、アスティーグのミューズを務める萬波ユカが入賞作品11点を選びました。受賞者の皆様には賞品として、アスティーグのキービジュアルをあしらった萬波QUOカード一萬円(1万円分)を贈呈します。*今回の受賞作品については、アスティーグ17年春夏ブランドサイトでも公開しています。http://astigu-cp.com/2017ss

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る