セクシーが上昇気流/高級品から値頃品まで/大人感覚のプチセクシーインスタ経由で拡散・・・ファッション難民増える

気温も上昇傾向だが、ランジェリーのトレンドも久々にセクシーが上昇してきた。市場全体はシンプルな無縫製型のインナーやカップと本体が一体型のモールドブラ、それにスポーツインナーなどがボリュームだが、それとは違うセクシーなトレンドが20代から30代の女性たちに支持されている。その下着はインポートテイストの総レースや落ち着いた甘さのあるセクシーテイストまで幅広い。これまでセクシー系ランジェリーは低迷状態が続いていたが、ようやくシックな黒から元気カラーのアニマル、アミタイツ、ストラップが見えるブラジャーなどが売れ出した。この春夏はオフショルダーのアウターが増えているだけにエレガントなアウターシーンの延長に可愛いセクシーがプラスされてプチセクシースタイルがボリューム化している。
ランジェリーの高級品市場でも、これまでと違いブラジャーが売れ出した。フランスのオーヴァドウがセクシーな総レースのブラジャーが若い世代に売れたり、今シーズンから新しく発売したフルカップに近いレースのトランアングルブラが売れるなど、既存のリピーター客は好むものではない商品が売れている。
アルテックスが2015年春から日本国内に輸入販売しているメゾンクローズもこれまでの輸入ブランドの枠を超えて広がっている。このランジェリーはセクシーなデザインが多く、SNSなどで見た20代の若い女性たちが1本1万円以上のブラジャーを買っていく。売れ筋は総レースのノンパテッドブラ。これは総レース1枚もので胸が透けて見えることで日本女性は避けるのが通常だが、乳頭部分だけは編み目の密度を高くしており気にせず買っていく。明らかに「透けて見える」常識の枠が広がった。

MAISONCLOSEメゾンクローズアルテックス
値頃なブラジャーやブラセットも2000円~3000円前後でセクシーなブラジャーが売れている。下着メーカー三誠のブラジャーは肩紐をダブルで見せるオフショルダー対応からストラップを見せて楽しむブラジャーが人気だ。単品ショーツも脇ヒモタイプなどのショーツが売れる。美匠のティアラ(ブラジャー本体価格1900円)はラインストーンに総レースのブラジャーやケミカルレースにプッチ柄が「セクシーやカジュアル過ぎないで可愛い」と人気で売場で定番化している。

美匠ティアラ
これらのセクシーなトレンドを牽引するのはF1世代の若い女性たち。だが、そういったアイテムは百貨店や駅ビル、地下街の下着専門店で品揃えしていないファッション空白地帯が増えており、その情報と商品はネット通販やアウター系のセレクトショップから発信されたインスタ発の画像情報などを得て購入に至るケースが多い。ファッションに敏感なトレンドリーダーたちは既存の百貨店、専門店やカタログでは買うものがなくなっている。欲しいものがないファッション難民が溢れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る