アツギワン/ルート戦略で食品スーパーを強化・・・近所の店で手間と時間をかけない買い物に対応

アツギ(海老名市本社)はストッキングやソックスの販売ルートのひとつとして食品スーパーを強化する。そのために4月の秋冬展で新商品(紳士婦人靴下4型)を提案している。小型の食品スーパーはこれまでも日用品のひとつとしてストッキング、靴下の販売を行っていたがGMSや大手衣料品チエーンの拡大で、そのシェアーが減り本来の食品中心になっていた。だが、最近では消費者の買い物スタイルが日常品は近所の店舗で手間と時間をかけずに買うという傾向に変わり、食品スーパーのレジ周辺に配置された靴下什器の販売効率が安定して売れるようになっている。同社ではそういった市場性に着目して改めて食品スーパーへのルート販売を強化する新商品を前シーズンに続き投入する。

DSC00896秋冬新商品
食品スーパーやドラッグストアー向けはレジ前3尺1本でストッキング売場を想定した場合には上部1列でソックス展開ができるように構成する。新商品は婦人ソックスでリブ編みとプレーン編みの2型(1足本体価格400円)、紳士ソックスは同じくリブ編みとプレーン編みの2型1足同400円で個装パッケージで販売する。

DSC00898売場提案のボックス

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る