テレビショッピング ジニエブラ

テレビショッピングのジニエブラ
放映回数増加で売上拡大
テレビショッピング研究所
テレビショッピング向けノンワイヤーで快適設計の「ジニエブラ」が、今年に入り再び売れ出している。この春から新製品「ジニエブラエアー」を発売し、テレビ放映の露出機会を増やしたことで、その売れ行きが再び上昇気流に乗っている。2015年のジニエブラシリーズの売上高は約30億円で、ピーク時よりは下がったが、ここに来て新製品の投入や販促強化で売上増に転じている。
春にスタートした新製品「ジニエブラエアー」(2色2枚セット4980円税込)は4色、S~4Lサイズまでの24SKU(在庫最小単位)。従来からのラクな着用感だけでなく通気性や透湿性を改善し快適感を改善した。背面部分の編み地をメッシュ状に変え従来品に比べ通気性で2・9倍と改善されたことでベタつきのないサラリとした肌触りとなる。素材はナイロン90%にポリウレタン10%。 この新商品を含めたジニエインナーシリーズは今年に入りテレビ放映機会を増やし、リピーターだけでなく新規客も多く取り込んでいる。この商品グループはサントーニの編み機で作る成型インナーで、すべて中国で編み立てから縫製まで行い生産している。商標権を持つアメリカのメーカーが中国で生産し、日本を含めて45ヶ国に輸出し、2011年から2015年12月までに累計で8000万枚を全世界で販売した。
日本での販売はテレビショッピング研究所(大田区蒲田本社)がジニエブラの販売契約を結び2011年春から主にテレビショッピング向けに販売を開始した。すると売れ行きは急上昇し初年度売上はこの商品グループだけで約50億円、枚数で約500万枚以上となる大ヒット商品となった。顧客は楽な着用感を支持する声が圧倒的でノンワイヤー、ノンホックで締め付けを嫌う女性たちの圧倒的な需要に応えた結果となる。
販路はテレビショッピングが全体の6割と最大販路で、残りを一部雑貨店やドラッグストアー向けに卸販売をしている。最近では自社WEB販売も開始し「ジニエブラ」の知名度が上がり顧客数が増えている。
今後の営業方針は①既存製品の改善を引き続き行う、②ボトム系のアイテム開発する、③販路をテレビショッピングだけでなくインターネットや一般リテール分野などで卸事業を拡大させる、④ブランド価値を上げるなどを重要ポイントに掲げている。ちなみに事業は年間売上高がピーク時の50億円を越える60億円を目標に取り組んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る