インナーメーカー三和・・・秋冬インナーは動きやすさ・襟・丈に注目 

三和の秋冬展はテーマが「ReLux」(リ・ラックス)で「再び」と「贅沢」を合わせた造語で大人化、上質、癒されるリラックス感を製品化の基本にしている。ファンデーションでは流れをノンワイヤーに切り替え新しいブラジャーを提案している。「シンプルソフトブラ」はノンワイヤーのモールドブラでブラ1280円でカジュアルなジーンズとTシャツのシーンに対応できる。他にもブラジャーで経編み生地を一部縫製してアンダーベルトは接着仕様にしたものなどは1枚1280円中心で楽な着け心地が人気。

DSC00456DSC00457
婦人肌着は製品化に向けた消費者調査で秋冬に欲しいインナーのポイントを聞いたところ「洋服に響かないよう胸も背中も広めに開いたタイプ」や「着丈が短い」という要望が多くあり、それを秋冬製品で作り上げた。秋冬婦人肌着は肩にダーツを入れマチの切替で動きやすさを追求したり、8分袖のVネックは前後の両方が広めに開いたタイプや逆に襟が狭いタイプなどがある。素材の綿モダールベア天素材はチクチク感を軽減し、身丈が長めのデザインで背伸びしても安心設計となっている。また、冬の裏起毛も綿100%素材でネック広め、着丈長めの丸編みで縫い目が少ない。

DSC00462 DSC00461

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る