ボディファッションパターン研究所研修生募集 (5ヶ月と10ヶ月コース)

ファンデーションのデザイナーでパターンナーでもある田村蓉子さんが開設したボディファッションパターン研究所は下着のパターンを学びたい社会人を募集している。同研究所ではCAD、デジタイザー、プロッター、ミシン(本縫い、2本針、オーバー、千鳥、ワイヤー)など7台を備えており、パターンメーキング、グレーディングからブラジャー、ガードル、ボディスーツ、ランジェリーなどの製品をいちから縫える設備が完備している。他に型紙、レース見本帖、レオナルドのプリント柄、副資材の資料、海外情報の資料、日本の女性下着の歴史書、被服と人体の書籍、服飾辞典など豊富な資料が揃い学習できる環境が整う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

授業はフアンデーションンの基礎研修からデザイン、立体設計パターン、縫製の指導を行い生徒自らデザインしたものを立体設計し裁断、縫製まで出来るようにカリキュラムを組んでいる。独自に開発した型紙作りはコンパスで度数、円周率などで図る。コースは基本パターンメーキングコースとパターンスキルアップコースに分かれマンツーマン方式の個人レッスンで下着が初めての人でも丁寧に指導し受け入れている。5ヶ月、10ヶ月コースがあり、現在、東京から新幹線で週1回通学している生徒もある。
田村蓉子さんは「下着は第二の皮膚で年齢を問わず何時までも美しくありたい。ブラ75サイズを基本にばらすとこうなるとパターンの基礎学習を行い人材育成に貢献したい」と語る。問い合わせ先京都市山科区電話が075―581―5721まで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る