ジニエシリーズ売上倍増/次年度は70億円を目標/テレビショッピング研究所

楽してきれいになるジニエブラのシリーズが10月末累計売上(4月~10月末)で43億円に達し、すでに前期1年間の売上高約30億円(2016年3月期)を僅か8ヶ月で突破した。今期(2017年3月期)は残る5ヶ月(2016年11月~2017年3月末)の販売額予想をプラスすると年間で60億円と前年売上を倍増する勢いとなっている。

ジニエレーシー15月から登場するジニエレーシーブラ
今期は2016年4月スタートからジニエブラ(9色6サイズ展開)とジニエブラエアー(6色6サイズ展開)の定番に加えてジニエショーツ(9色6サイズ展開)、ジニエグラマーシェイプ(3色6サイズ展開)、そして、今期から新発売したボディにくびれができるジニエスリムベルト(2色3サイズ展開)を中心にWEBやQVCテレビショッピングで販売し好調に推移した。4月売上7億円、5月8億円、6月7億円、7月6・4億円、8月6億円、9月6億円、10月3億円で推移し、10月末累計売上が43億円となる。
好調な背景には①新しく販売したジニエスリムベルトがヒットしたこと。②これまでテレビショッピングに依存してきた販売手法から併行してWEB販売を強化したこと。とくに、テレビと違いWEBでは20代から40代の若い女性が新規顧客となったことで、これまでテレビに偏り顧客層が高齢化していたのを若い層が加わることで購入層を広げた。③今期からは販売方法で買いやすい2枚セット組通常価格(4980円税込)を始めた。これまでは6枚セット組が基本だったが買いやすく2枚組を提案したなどだ。
2017年の営業方針は①ジニエブラ、ジニエブラエアーの定番強化、②新製品「ジニエレーシィブラ」(2枚組通常価格4980円税別)ぼ新発売。③テレビ以外の媒体を広げるなど。新商品ジニエレーシィブラはジニエブラをベースにレース使いのおしゃれバージョン。下から履いて楽できれいになるといった機能はそのままにレースで女性らしさとバストアップ効果を加えた。ピンク、黒、ネイビー、グリーンの4色展開で黒とネイビーは身生地のが透けて見える透け感を出し大人のエレガントなイメージを出す。販売は3月からQVCテレビショッピングとWEBを中心に他のカタログ企業とのコラボ販売も予定している。
来期(2018年3月期)はジニエシリーズで累計売上70億円を目標にしている。同社国際部商品企画担当の宮地恵子さんは「楽してきれいになるというジニエブラが時代に合っている。媒体をもっと広げたい」と話している。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る