奈良産エコスタイルでフアッションショー「咲良史歌鹿」コレクション奈良県庁前で開催

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奈良県産エコスタイル創出事業に2年前から取り組んでいる奈良県繊維工業協同組合連合会、畿央大学、奈良県地域産業課の3者が主催する奈良生まれのエコスタイルファッションショーが11月10日午後に2回奈良県県庁前回廊で行われた。
第1部は咲良史歌鹿(さくらしかしか)コレクションで県職員がモデルとなり提案するエコスタイルを披露した。素材は奈良特産の吉野葛のかすをパウダー状に粉砕し和紙に漉きこんで葛和紙を作り綿と撚糸して作り上げた生地で製品化している。特徴は抗菌力、軽い、吸湿性が高いなど。製品は畿央大学の学生がデザインした8色のセーター、ベスト、シャツ、ソックスなど。古来、植物繊維で衣服が作られたのが葛の繊維で貴族の正装にも葛の布が使われていたことが奈良らしいアパレル製品として注目した。
第2部は大和高田市で綿花から育てた綿糸やシルク、葛和紙で染色し生地を作り学生が企画、デザインして作り上げたもの。製品は若々しい浴衣、婦人服、コート、スーツ、カジュアルウェアなど。自然素材を活かし四季の花の色をあしらい可愛らしいデザインに仕上げた作品も発表し地元らしいスタイルとたくさんの拍手があった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る