25年続く定番安心(失禁)ショーツ/ファンデーションメーカードンナ(千葉県鎌ヶ谷市本社)

ファンデーション専業メーカードンナ(千葉県鎌ヶ谷市本社)はファッションワールド東京に出展し、25年間定番で製造している「安心ショーツ」(失禁ショーツ)や新しく量販向けに開発した無縫製の経て編み生地を使った「ドンナベルタ」を展示し国内バイヤーのみならず海外バイヤー向けにアピールした。

%e5%ae%89%e5%bf%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%84%ef%bc%88%e5%a4%b1%e7%a6%81%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%84%ef%bc%89安心ショーツ
主力インナーの失禁ショーツは25年前から発売し改良を加えながらカタログで販売し定番として継続している商品。製品特徴は①身生地が60㏄の吸水量がある、②マチ部分が5重構造で身生地を2重の防水布で被い、消臭加工した保水層に吸水拡散布が接合され表面はメッシュ素材となっている。③そのマチ部分により吸水性、拡散性が高く、そのすぐれた拡散性で乾きが早い。製品は基本が4色展開でサイズがM~4Lサイズまで。価格は本体価格が4枚セットで4990円~5990円まで。
また、今回の出展をキッカケに開発したのが無縫性の経て編み生地で締めつけゼロのストレスフリーインナー。製品名は「ドンナベルタ」でハーフトップが品番RDー009。素材はナイロンとポリウレタンでハーフトップとブラジャー型の価格が1480円、ショーツが780円で2色3サイズ展開。同社社長の辻一朝氏は「今回の出展をキッカケに海外のバイヤーにも売り込んでいきたい」と話している。

%e5%ae%89%e5%bf%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%84%ef%bc%92洗濯後に乾きの早いのが特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る