プラスチックフィルムベトナム新工場稼働開始/ASEANエリアの脱塩ビ需要に対応

グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)は、2018年7月にベトナムホーチミン市郊外のピンズオン省に新会社を設立しプラスチックフィルムの工場建設を進めてまいり、2020年1月6日より稼働を開始し、順調な生産を続けております。
ベトナム新工場は、トイレタリー用途を中心に伸長している、当社差異化製品である収縮フィルムのASEANエリアを中心とするグローバル需要への対応のため建設し、本工場は最新のテクノロジーを導入し、作業環境、安全性に配慮したものとなっています。
収縮フィルム事業は、国内2拠点(滋賀、福島)に加え、海外3拠点(ベトナム、アメリカ、中国)からの供給体制が整い、グローバルな需要に応えてまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る