巽繊維工業所・自衛隊の行軍に耐えられるソックス「ガッツマン」ネットショップで急上昇

有限会社巽繊維工業所(奈良県橿原市本社)は自衛隊の100キロ行軍に耐えられる靴下「ガッツマン」を開発し販売しているが、その丈夫さが受けて、ネット通販やホームセンターなど販路が広がってきた。
同社はもともと警察官用に靴下を提供していたレッグメーカーだが、10年ほど前に自衛隊の40キロ行軍、100キロ行軍に耐えられる靴下を作って欲しいとの要望があり、試作を繰り返しながら作り出したのが、今日の丈夫な靴下「ガッツマン」となった。そのうち、自衛隊員や警察官だけでなく、安全靴を履いて作業する人やハードな仕事をする職業の方々から愛用され、最近では5本指ソックス(1足1300円+税)などがランニングなど激しいスポーツをする人などに広がっている。
とくに5年ほど前から始めたネット通販では売れ行きが良い。自社の公式オンラインショップ、アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングなどで販売するが、アマゾン店では2020年1月の1ヶ月間だけで売上高が300万円を超えるようになった。
とくに、この5本指ガッツマン靴下は各部位ごとにこだわり抜いた機能性があり、その評価が高い。特徴は、①指先がしっかりとフィットする。親指と人差し指のどちらか長い方にしっくり馴染み、負担のかかりやすいつま先に耐久性がある糸を使い編み立てている。②滑り止め指先、母指球、踵を3分割することで違和感を極力無くし、全方向から体重を受け止める設計にした。③足首を適度な着圧のフィット感でホールドする。④サポートゾーンを従来比2倍(同社比)に設計し、不快な締め付けから解放し、脚の疲れを軽減するようにした。⑤ずれ防止は踵を立体的に包み込むことで、ずれ防止機能を強化する。⑥優れた通気性で放湿、放熱を効果的に行い、同時にクッション性も高めている。
これらにより、長時間のスポーツレースなどに耐え、足の踏ん張りができ、つま先などにかかる負担を軽減することができる。素材は綿、アクリル、ナイロン、ポリウレタンでサイズがS、M、Lの3サイズ展開。価格が1足1300円+税となる。
他にも、パイルレンジャーソックス、ストロングパイルソックス、機能性サポートパイルソックス、ノーマルソックス、格闘用ソックス、防寒用ソックスなどがあり、靴下それぞれの機能を部位別に仕様を変えた靴下を作り販売している。中心価格は1040円+税。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る