ウールなのに薄手「水虫、冷え性、多汗症」の方へ。靴内環境を整える靴下ブランド『Woolly/ウーリー』がデビュー

革靴にもスニーカーにも履けるウールソックスブランド。[株式会社ウーリー 代表取締役 山本 友弘]

厚地が主流だったウール靴下に新風。 足裏パイルなどディテールにこだわり、 薄手に編み立てたキレイめウールソックスを開発。
·『Woolly』ブランドとは

https://woolly.co.jp/

『Woolly』は家族や仲間と健やかに過ごすことで生まれる、 心のつながりを大切にしています。
足のケアをすることで、 毎日の生活から少しでもストレスを減らし、 楽しい時間を過ごす。 そんな想いからできたヘルスケアブランドです。

·『Woolly』ウール靴下の魅力

『水虫など菌の繁殖』『足先の冷え』『嫌な臭い』『足汗のベタベタ』『肌の乾燥』などの対策に

天然繊維のウール靴下には多くの機能があります。

■ 冬は暖かく、 夏は汗を逃して快適に
■ 天然の抗菌・防臭性を備えている
■ 肌離れが良く濡れてもベタベタしない
■ 必要以上に肌の水分を奪わない

天然のエアコンとも呼ばれ、 日常の道具として素晴らしい機能が素材自体に備わっています。

水虫や冷え性を直接治すわけではありません。 あくまでも足まわりの環境を整え、 自然に改善させようという考え方です。
https://woolly.co.jp/

·  薄手なだけじゃない

通常ウールの靴下といえば厚いものが多く、 どうしてもカジュアルになりがちでした。 『Woolly』の靴下は薄手に仕上げるため、 繊維の細いメリノウールを採用しています。 品質の高い糸を使用することで薄さを維持しながら、 さらに足裏にパイル編みを取り入れることにも成功しました。

https://woolly.co.jp/

· ウール靴下は日常の道具

登山や部屋ばきだけでなく、 毎日履くことができる厚みに編み立てています。 男性のスーツや、 女性のキレイめスタイリングにもフィットしますが、 カラーは全てメランジ(霜降り)にしているので、 デニムなどに合わせても違和感がないようにできています。 『Woolly』の靴下はファッションとの共存にも力を入れています。

· ラインアップ

https://woolly.co.jp/

靴の中が快適なソックス 23~25cm
(オートミール/チャコール)
靴の中が快適なソックス 25~27cm
(オートミール/チャコール)
各  1,700円+消費税
ウール73.2% ポリエステル19.3% ナイロン6.2% ポリウレタン1.3%
※メイン糸は100%メリノウールを使用、 強度、 ストレッチ性を出すためにポリエステル、 ポリウレタンを使用しています。

· 詳細情報

Woollyブランド情報
ブランドサイト: https://woolly.co.jp/

 

Instagram:   https://www.instagram.com/woolly.official/
facebook:   https://www.facebook.com/Woolly-331864923953319/

株式会社ウーリー
代表者:代表取締役 山本友弘
設立:2018年2月
資本金:500万円
事業内容: 健康衣料、 生活雑貨の販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る