キャッツ・乳がん患者用パットと下着

全国中小企業団体中央会が主催する中小企業新ものづくり・新サービス展が12月4日~6日の3日間東京都江東区で開催され、東京都杉並区本社のインナーメーカーキャッツ(今村恵子社長)が新しく開発した乳がん患者に対応した機能性ブラジャーとパッドを展示した。同社は30年以上体をしめつけないノンワイヤーブラを開発し販売してきた。今回は、体に負荷をかけないブラジャーの延長に乳がん手術後の左右バストのバランスを保全し、術後の傷を保護する機能を持つブラジャーを開発し提案した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る