2020年春夏アモスタイル最新コレクションが登場!第1弾はドイツの民族衣装からインスパイアされた「FolkFloral(フォークフローラル)」

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区築地5-6-4、 代表取締役社長:ヴァンサン・ネリアス)の直営店「AMOSTYLE BY Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)以下 アモスタイル」は、 2020年のスプリングコレクション第1弾となる「FolkFloral(フォークフローラル)」「FolkFloral Print(フォークフローラルプリント)」を2020年1月9日(木)より順次発売します。 20年春夏のテーマは、 ドイツからインドへの旅をイメージした”Munich to Mumbai”(ミュンヘントゥムンバイ)。 ドイツとインドの象徴的な花、 ファッション、 建造物からインスピレーションを受けたデザインを展開します。 春夏コレクションをまとう福士リナさんの着こなしにも注目です。 コレクション第1弾「FolkFloral」 「FolkFloral Print」は、 ドイツの民族衣装からインスパイアされたフォークロア調のデザインを中心に、 ノンワイヤーなのに脇スリムを叶えるNew Fitをはじめ、 人気アイテムの夢みるブラやパジャマなどのアイテムをラインアップします。

https://jp.amos-style.com/

Spring & Summer20 Concept  “Munich to Mumbai”

2020年春夏のアモスタイルは、 ドイツからインドへの旅をイメージした”Munich to Mumbai”(ミュンヘントゥムンバイ)がテーマ。 ドイツの民族衣装に施されているフォークフロア調の花やフェミニンなハンドクラフト、 インドのムンバイで見られる歴史的建造物の装飾や伝統的なバロックプリントなどから着想を得たコレクションを展開します。 ミュンヘンに佇むニンフェンブルク城からインスパイアされたピンクとムンバイの生地に見られるブルーをキーカラーに、 さまざまな表情をみせる小花柄をはじめ、 アーティスティックで繊細なディテールを表現。 どこか懐かしい、 ヴィンテージオーラを感じさせる色彩やモチーフを取り入れたデザインを提案します。

フォークロアなムードに包まれて、 ノスタルジックな小花柄で春を先取り
2020年春夏コレクション第1弾の「FolkFloral」 「FolkFloral Print」シリーズは、 ドイツの民族衣装であるフォークロア調の「ディアンドル」からインスパイアされたデザインを展開します。 クラフトマンシップを感じさせる多様なテキスタイルに、 懐かしくも、 どこか新しい花々のモチーフをあしらった、 ノスタルジックでほんのり甘さが漂うコレクション。 身に着けるだけで春を呼び込むようなパステルカラーのランジェリーが登場しました。

  • 伝統と新しさを融合したフォークロアテイストが魅力の「FolkFloral」

「ディアンドル」に施された手刺繍のアンティークローズをイメージした「FolkFloral」は、 エンブロイダリーレースや繊細な編みレースのディテールが魅力。 伝統と新しさが融合したトレンドのフォークロアスタイルを、 ランジェリーから取り入れてみませんか。

New Fit
バストを持ち上げて脇すっきり!スリムなシルエットを叶える新ノンワイヤー

<FolkFloral > 脇スリムブラ *1/16発売
サイドに高く立ち上げたハンドクラフト感のあるオールオーバーレースと、 カップにかぶせた透け感のある編みレースが印象的。 脇が高くバスト全体を包み込むチューブトップの良さと、 下からバストを持ち上げて丸く美しいシルエットをつくるバルコネットの良さをあわせ持ったノンワイヤーの新しいFit。 バストを持ち上げながら、 脇すっきり!スリムなシルエットを叶えるから、 どんなアウターもスタイリッシュに着こなせます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る