グンゼ株式会社 廣地厚社長の2020年頭所感

2020 年度 は中期経営計画「 CAN20 」のゴール の 年となります。引き続き、組織の結束力を高め、目標達成に向けて取り組むとともに、
持続可能な世界を実現するための国際目標( SDGs )に対応すべく、事業活動を通じて社会課題の解決を目指すCSV 経営を強化し てまいります。
1. 売上伸長
2019年度の要因分析の深掘りを行い、 2020 年度 の販売戦略の 明確化と やりきる実行力をもって企業の成長力を表す売上伸長に引き続き取り組みます。また、「CAN20 」計画におけるスト レッチプランについても、 M&A 、社外との協業等を活用し前倒しで取り組んでまいります。
2.生産革新
「NExT 運動 2 」 の継続により、 生産現場の体質改善に継続して取り組むとともに、デジタルツールを用いた効率化で、現場構成員も働き方改革の取り組みが実感できる環境を整え、健全な生産性向上を実現してまいります。
3.働き方改革の深化
これまで取り組んでいる働き方改革が単なる労働時間短縮に留まるのではなく、業務の効率化と構成員の仕事のやりがい向上を企業の健全な成長に繋げていきます。また、人財育成についても、自律的、自発的、挑戦できる人財を念頭に、構成員の資質、モチベーション向上につながる取り組みを強化してまいります。
4.資本コスト経営
経営指標に導入して2 年目となる「改定 GVA 3 」については、 GVA の評価についての事業グループの認識と納得性を高めることで具体的な改善活動につなげ、事業活動における GVA に対する貢献度を明確化し、 GVA の向上を目指します。
5.CSV 経営
当社グループでは「人間尊重と優良品の生産を基礎として、会社をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる」という「創 業の精神」を不変の経糸として現在まで受け継いできました。当社の歴史の原点は「創業の精神」に示された「社会貢献」であり、今日の「持続可能な開発目標( SDGs )」の考え方そのものと言えます。このSDGs に対応すべく、各事業活動を通じて社会課題の解決を目指す CSV 経営を強化し、顧客満足度と企業価値の向上を図ってまいります。
2020 年 1 月 6 日
グンゼ株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る