レポート:パリランジェリー展 2017−18年秋冬 テーマLingerie in the City:都市におけるランジェリーのあり方

%e5%b1%95%e7%a4%ba%e5%a0%b4%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%8f%a3%e4%bb%98%e8%bf%91会場入り口

ランジェリー、ラウンジウェア、アクティヴウエア、スポーツウェア、プレタポルテといった限定した枠組みを取り外し、それぞれの中を自由に行き来するようなランジェリーを提案。枠組みを外すというのはランジェリーに限ったことではない。性別、職業などといった分類に当てはめる考えるのをやめようとする動きは社会的現象である。ランジェリーそして我々を取り巻く社会も常に変化している、その変化を分析、表現しているのがトレンドフォーラムである。

全体を通じてプロトタイプを数多く展示。
アメリカのランジェリーデザイナー、ティナ・ウイルソンによるラウンジウェアの特別展。
20世紀初頭のイギリス貴族を舞台にした、人気テレビドラマ Downton Abbeyのイメージ。
高級素材を使いながらも、カットをシンプルにし、インドで生産することによって低コストで製品化した。

mx-m266fp_20160820_150305_001

4つのテーマに分けて考察。
1.

Indulge 自分自身をいたわる、大事にするという意味。ベーシックでありながらもありきたりでないもの。最新技術を施した素材を展示。 Penn  Tsによるプロトタイプ。
コットン、モダール、ライクラを使った白いシンプルなランジェリーのシリーズ。伸縮性があり、ナチュラルな肌触りで極めて快適。トライアング     ルブラはワイヤーなしでもサポート効果あり。
Ilunaによるプロトタイプ。
刺繍、レース、フロック加工を使ったコレクション。3つの異なる技術を組み合わせることにより、若い感じ、あるいはクラシックな感じというよ            うに、同じコレクションの中でも異なるスタイルを作ることができる。 以前は避けられていたスペーサーが技術改良により、ピンク、ベージュの美しい色が実現可能に。パッドの代わりに使うことにより、肌にやさしい製品が実現。
2.

Enrich ヴァレンティノ、グッチの影響を受け、ロマンティックで且つアーティスティックなもの。注目の色は黄色。単色で使うのではなく、黒や茶色と合わせて指し色として使う。コントラストによる効果。
Tissages Perrin によるプロトタイプ。工場に残っていたストックを利用することで、ペランの高級素材を多数使っても、安く作ることが可能に。異なる生地、色、素材をミックスしたコレクションは、上下をそろえなくても、敢えて違うものを合わせることができる。
Liberty Tex の大柄な刺繍により、ガウンのような大きな製品に使うことが可能。
Boselliによるプロトタイプのショーツとロングラインブラ。濃いピンクが注目色。上に透ける素材のニットやシャツを合わせることにより、隠すランジェリーから見せるランジェリーに。
3.

Express 構成、構造constructionが小テーマ。レース素材のモチーフにもそれが見られる。
先と色違いのBoselliによるプロトタイプのブラとショーツ、黒。ストレッチ素材に刺繍を加えることは非常に難しいが、技術の向上で実現可能になった。今後、モールド加工ができる生地や、どこで切ってもほつれないフリーカットな素材に刺繍を施したものが重要になってくる。隠す下着から見せる下着に変わっていくことにより、装飾効果が重要な役割を果たす。
Darauer Leaversによるプロトタイプ。大柄なモチーフの伸縮性のないレースを使った黒いガウンは、ブラ、レギンス、ヒールと合わせて、ブラの上に羽織って、パーティドレスにも。メンズの影響を受けた素材、伸縮性がある素材、メッシュ素材のものなど。またメタリック調や、革のような加工がされたものなど、表面にこだわった素材も多く見られる。
4.

Discover 文化、色、モチーフのミックス。
Colombo Antonio とPaola Maltesseによるプロトタイプ。ベージュのボディに黒いモチーフを加えることで、タトゥー効果が生まれる。ジーンズに合わせて外出着にできる。ここでも隠す下着から見せる下着へ。
Vade , Nurel , Pop Pinkによるプロトタイプ。
白いラウンジウェアはビーチウエアにも利用できる。Gayou によるプロトタイプ。美しい深い紫のブラはリッチな中にも軽い感じを受ける。クラシックなデザインに三本のラインを加えることにより、モダンでスポーティヴな印象を作ることができる。2018年夏の注目カラーはブルーである。
(この説明会は7月10日現地でアークスリーインターナショナルが主催するツアーの特別企画で開催されたもの)

%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る